HOME     Steam     Twitter     Negitaku     Tumblr   »  ゲーム
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近なんだかTF2に飽きが来たのか、あまりやる気にならないので他のゲームをやっています。

HammerFightはインディーゲームのパックを自分の好きな値段で買うことのできるhumblebundleを利用して購入しました。
このゲームはプロペラの付いた飛ぶ機械を操作して機体に付いてる武器をぶん回し、相手にぶつけて倒すという単純明快なゲームで、シンプルながらも相手の機体をバラバラにぶっ壊すのが非常に爽快で楽しいです。装備できる武器の量も結構あって見た目的にもなかなか楽しめます。humblebundleの他のゲームも個性的で面白いのでおすすめです。

Hammerfight 2011-07-31 01-37-43-45 Hammerfight 2011-07-28 15-43-30-70

Capsizedは前々から興味があったのだけど手を出すには値段が少し高く思えて見送っていたのだけど、先日Steamのデイリーセールの対象になっていたので買ってみた。このゲームは2Dアクションで、未開の惑星に不時着した主人公が原住民や、モンスターと戦いながら惑星を探索するといったもの。フックショットや、壁蹴りジャンプがあったり、いろんな2Dゲームからのインスパイアが顕著に見られる。シンプルだけど難易度もちょうど良くて楽しい。デイリーセールは色モノが来るイメージが強いですけどセールになったことのないゲームとかをセールしてもらえると嬉しいなって思います。

2011-07-31_00004.jpg 2011-07-31_00007.jpg

そういえばDino-D-DayのアップデートやらFreeWeekendやら来てましたね、たまーにやるのが楽しいゲームなのでこういうのは人が集まっていいですね、結構楽しいです。でもしばらくしたら過疎るんだろうな、そんなに深いゲームじゃないし。これからもアップデートが来るといいですね。
スポンサーサイト
最近、カードゲームがとてもやりたい衝動にかられたので色々調べてみたら、前々から興味のあったドミニオンにネット対戦ツールがあると聞いたので早速プレイしてみました。
ドミニオンは最近流行のデッキ構築型カードゲームで、場のカードを買って自分のデッキを強くしていき最終的に土地を多く持っている人が勝ち、というルールです。
場に売り出されるカードは毎試合ごとに違うので、毎回どのカードを組み合わせてコンボを繋げるか、といった戦略が楽しめます。
ルールは少し複雑ですけど、わかりやすく解説してあるサイトが多数あるのでそこを参照にすればいいんじゃないかと思いました。

Dominion_client 2011-07-28 02-55-11-25 Dominion_client 2011-07-28 02-08-33-56
わたしもまだ覚えている段階ですのであまり詳しくはかけませんが、非常に楽しいのでぜひ触れてみて欲しいですね。
一緒にやろうって人がいたらぜひご一報を。
サークルRebRankの新作「RefRain」の体験版が公開されていたのでやってみました。

RefRain 2011-06-15 03-27-24-31 RefRain 2011-06-15 03-18-35-09
スタイリッシュながらも、濃密な弾幕、それに爽快感もあって良かったです。キャラのカットインも媚びてるんじゃないかと言われればまあそうかもしれないですけど全然わたしはおーけーだと思いました。あとティちゃんがかわいかったですね。
前作の五月雨は個人的には合わなくて買ってもあまりプレイしなかったのですが、今作はなかなか楽しむことができそうで期待が高まります。



そういえばRefleXも積んでたことを思い出しましたけど、先に東方シリーズを消化するべきなんでしょうね。にわかで申し訳ない(誰に謝っているのか)
少し前に長らく積んでいたFear2をクリアした。プレイ時間は難易度ノーマルで大体5時間ほどだっただろうか、正直ボリュームは少なかった。

FEAR2 2011-03-04 17-34-22-10 FEAR2 2011-03-04 18-22-20-64
前作のFearは敵AIの優秀さや恐怖演出の魅せ方がうまく強い人気を誇る作品だったのだが、その続編となる今作はそのどちらも中途半端ということで世間的にはあまり好評でなかったようだ。実際プレイしてみても前作のような引き込まれる恐怖演出もなく、敵AIもだいぶ劣化したといえる動きだった。
このFear2もコンシューママルチ化に伴いリーンが廃止されるようになったが、ホラーゲームでリーンがないのはどうにも悲しいところだと感じた。
ゲーム自体に特筆するような特徴もなく、前作からの特徴でもあるスローモーションもたまに思い出したかのように使う程度だった。真新しい要素といえばソファーや自販機を横に倒して障害物として有効活用できる…というものがあったがゲーム中にまともに使う場面なんて1度あったかどうかだった。

2011-04-01_00001.jpg 2011-03-04_00001.jpg
グラフィックは前作に比べ綺麗になったがそれ以外の要素が確実に劣化してしまったといえる今作。近々Fear3が発売するようだがこの調子ではあまり期待はできないかもしれない。それでもCoopが実装されていると聞くとある程度は楽しめそうな気もする。はてさてFear3で2の汚名返上ができるのか、気になるところである。
余談だが未だにマルチプレイヤーに人が少しばかり居たのは非常に驚いた、ただゲーム性は最近のFPSと大差なくてやる必要は全くないと言って謙遜ないものだった。
終盤で積んでいたStalker Clearskyをクリアしたのでそのまま勢いでCall of Pripyatもクリアした。

xrEngine 2011-03-25 18-39-28-43
CSはSoCから勢力争いや武器の拡張などの要素が加わったにも関わらずあまりその魅力を発揮できていなかったなと感じたため、1週目からModを入れてしまい挙句の果てに積んでしまうほどに個人的評価は低かった。
しかし今作は前作までは味気なかったサイドクエストにきちんとストーリーがあったり、アイテムのショートカットやUIから見てプレイヤーに親切に設計されていたことなどたくさんの要素に好感が持て、非常に楽しめた。また、ゲーム内実績を取ることによってさまざまな恩恵を得られるのも取っても何も意味のないSteam実績よりは実用性があっていいなと感じた。地味な要素だけどアノーマリー探知機に種類があったのもうれしかった。

xrEngine 2011-03-25 20-45-14-07 xrEngine 2011-03-28 00-58-07-07
一通りプレイして残念に感じたところはMAPの少なさとそれに伴う全体的なボリュームの少なさ、ほぼ無限湧きするアーティファクトの売却等の手段により資金調達が至極簡単になってしまう金銭的バランス、相変わらず頭の悪いAI(これはもはやシリーズ伝統なのかもしれない)といったところだろうか。特にMAPの少なさは顕著に感じ、同じ施設を何度も探索したりするのには少々うんざりしたりもした。
相変わらず粗の目立つSTALKERだが、その奇妙な世界観やユニークなキャラクター達、不気味なミュータントとの戦闘はやはり楽しいもので多くの人々を魅了するに値するものがこのゲームにはあると思う。

xrEngine 2011-03-28 05-57-11-88 2011-03-28_00007.jpg
ストーリーのラストは非常にきれいな終わり方で、SoCから続いていたZONEを取り巻く物語はひとまず終わりを迎えたように感じたのだが聞くところによるとコンシューマ展開を視野に入れたSTALKER2なるものが開発中らしい。PCゲームのマルチ化と聞くとあまりいい予感はしない上にこのSTALKERシリーズはコンシューマには向いていないんじゃないかと思っているので不安で仕方がない。はたしてこれからSTALKERシリーズはどうなっていくのかその点も注目だろうか。
プロフィール

てんぷら(Tempura)

Author:てんぷら(Tempura)
魔法少女になってみんなを救いたい救われたい

Twitter

Twitter < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。